サイトマップアクセスマップ お問合せ 

ご 挨 拶

 社団法人住吉住之江産業会は、関係官公庁及び関係団体との緊密な連携のもと、会員相互に和親協力し、住吉・住之江両区内における地域産業の健全な興隆発展と地域福祉の向上に寄与することを目的として設立されました。

 会員企業の皆様のお役に立つため、労務・税務・福利厚生等の各分野でのお手伝いを日常的に行い、住吉・住之江両区及び周辺地域の中小企業の経営者及び従業員の皆様から親しまれております。製造業に限らず商業・サービス業等の皆様にも幅広くご活用いただき、業種を問わずご入会いただいております。

 ホームページのリニューアルに伴い、大阪市工業会連合会や会員企業様とのリンクを行い、必要情報の迅速な提供や事業の発展をお手伝いできるものと考えております。今後も、ホームページの充実にも努めてまいりますので、引き続き社団法人住吉住之江産業会へのご支援・ご協力をいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。    

沿革

 社団法人 住吉住之江産業会の前身は、大正15年に玉出工場協和会としてスタートしました。
その後、南大阪工業会(昭和7年)、阪南鉄鋼工業組合(昭和13年)、大阪府産業報告会住吉支部(昭和16年)へと改称、昭和20年太平洋戦争の終戦とともに散会しましたが、

    昭和21年12月5日新たに住吉工業会として設立、
    昭和36年9月1日社団法人に改組、
    昭和42年に住吉産業会館を建設、
    昭和56年に社団法人住吉住之江工業会、
    昭和63年10月に社団法人住吉住之江産業会に名称変更。

組織の拡充強化に努め、現在に至っております。

ビジョン

 深刻な金融危機に始まった世界同時不況により、国内外の経済は減速し、今なお不透明な経済情勢の中、ほぼ全業種において厳しい経営環境にあります。
  当産業会では、大阪市経済局並びに大阪市工業会連合会の指導を得ながら、 関係官公署並びに諸団体とも連携を密にし、経営環境の急激な変化に的確に対応するため、調査広報事業・経営支援事業・人材確保育成事業・後継者育成事業等を積極的に展開して、企業の経営基盤強化と企業経営の活性化、さらには地域産業の興隆発展に寄与できるよう、会員と役職員が一体となって、諸事業を積極的に推進することを基本方針とします。