サイトマップアクセスマップ お問合せ 

事業概容

 社団法人住吉住之江産業会は会員企業の人材確保支援のため、「中小企業人材確保推進事業助成金」を活用した事業に取り組んでいます。

中小企業人材確保支援事業とは
 
厚生労働省が推進する「中小企業労働力確保法」に基づく人材確保・育成等に対する支援事業のひとつで、事業協同組合等の中小企業団体が、都道府県知事の認定を受けた改善計画に従い、人材の確保や労働者の職場定着を図るための雇用管理の改善に関する調査・指導、その他の事業を行った場合、実施に要した費用の一部を助成するものです。

中小企業人材確保支援事業の流れ

具体的に次のような事業があげられます。
番号
事業名
具 体 例
年次計画策定・調査事業 認定計画に従って実施する事業のために必要な調査研究を行い、様々な結果を踏まえ、②~⑧に該当する事業計画を策定する。
雇用環境改善事業 構成中小企業事業主の事業所における労働時間の短縮・職場環境の改善・教育訓練の実施・福利厚生の充実等、雇用管理改善を掲げる事業。
採用活動改善事業 構成中小企業事業主の事業所における人材確保を推進するため、募集、採用等に係る諸問題の改善を図る事業。
新技術活用普及事業 構成中小企業事業主の事業所における労働条件・職場環境の改善のため、新技術の導入により省力化するための諸問題の改善を図る事業。
退職金制度整備充実事業 構成中小企業事業主の事業所の退職金制度の整備、充実を図る事業。
職場定着事業 構成中小企業事業主の事業所が、雇用する労働者の利用に供する職業相談者を配置、又は職業相談室を運営することにより、労働者の職場定着を図る事業。
事業定着調査事業 構成中小企業事業主の事業所における、当推進事業の定着状況を把握し、雇用管理の改善に縦続的に取り組むうえでの課題を把握する事業。
モデル事業普及活動事業 構成中小企業事業主の事業所における、当推進事業の効果についての実情把握を行い、成果・ノウハウ等を他の事業所への普及・活用等を図る事業。