サイトマップアクセスマップ お問合せ 

運営業務

  ◆ 事務組合業務

 事務組合は、労働保険事務組合ともいい、事業主から事務委託を受けて、事業主に代わって労働保険の加入手続き、保険料の納付などの事務を処理する組合のことです。(労働大臣認可)。
 雇用保険(失業保険)については昭和34年2月に、労災保険については昭和41年4月に夫々労働大臣の認可を受けた団体です。

労働保険事務組合を活用すると
 ・ 労働保険料の額にかかわりなく、納付を3分割できます。
 ・ 事業主や家族従業者の労災保険に特別加入することが出来ます。
 ・ 事業主に代わり事務手続きをしますので、事務処理の手間が省ける等、
    多くのメリットがあります。

事務組合業務の流れ図

 
 ◆ 会員へのサービス
 1.健康保険、厚生年金等全国健康保険協会・日本年金機構への事務手続き及び相談

健康保険の資格取得・喪失届、被扶養者届、傷病手当金、出産育児一時金の請求、高額療養費支給申請等、「月額変更届」を、事業主に代わって手続きをしています。

 2.会員企業社員の定期集団健康診断

会員事業所の事業主、従業員の健康管理を増進するため、毎年秋に検診車で巡回実施しています。親切、細心の指導と低廉な価格で大変好評を受けて、申し込み事業所は、年々増加しています。

 3.会員企業の優良社員表彰

   ①当産業会では、会員事業所の優良従業員の表彰(区長、産業会長表彰)を、住吉、住之江管内
      の官公署長を迎えて、毎年秋に実施しています。
   ②大阪市主催の大阪市中小企業優良従業員表彰(市長表彰)が毎年秋に行われ、当産業会(工業
      部門 から推薦し、受賞して頂いております。
   ③大阪市工業会連合会主催の優良社員表彰(市長・市工連会長表彰)が毎年秋に行われ、当産
      業会から推薦し、受賞して頂いております。
   ④労働大臣、大阪府知事、大阪府労働保険事務組合連合会長等の各表彰の推薦。

 4.グループ共済保険(災害保障特約付団体定期保険)、労災上乗せ保険の取扱い

(社)大阪市工業会連合会傘下の、エ産業会の会員事業所の従業員福利厚生の向上をはかる目的として、昭和42年に発足した制度で、「小さな費用で大きな安心」がスローガン。会員事業所から 喜ばれています。

 5.中小企業退職金共済の取扱い

中小企業の福祉の増進と、雇用の安定をはかり、中小企業の振興と発展に役立てることを目指した制度で、
その特色は
◎掛金の一部と運営費は国が負担。
   1.初めての加入事業主に、加入後2年間の掛金の1/3を、国が負担。
   2..掛金を増額する事業主に、増額分の1/3を、1年間国が負担。
◎掛金は、全額免税ですから、節税にもなります。

 6.がん保険の取扱い
アメリカンファミリー生命保険会社代理店
 7.市工連積立共済年金制度の取扱い

厚生年金、国民年金等の公的年金も、今後は現状以上に充実した給付は期待できません。このため、会員事業主、従業員を問わず加入でき、希望の年令から年金又は一時金を受取って頂けるもので、収入のある間に積立を行い老後に万全を期する制度です。

 8.経営振興支援事業

経営者のための各種講演会講習会研修会等開催

 9.新幹線エコノミー切符の割引斡旋(新大阪~東京)
 
10.行政関係団体との連携

大阪府、大阪市、労働局労働基準監督署、公共職業安定所等の官公署、関係団体より、文書連絡、照会、案内、配布、掲示、回答、対策を的確に処理しています。